リュックのストラップのバックルが割れたので交換した

夫です。

僕は普段から通勤もプライベートもリュックサックを使用しています。

手が疲れないし、両手が空くので子供と出かける時も便利なんですよね。

ちなみに、こちらのリュックを使っています。 

絶妙な位置にポケットが豊富にあり、家の鍵やイヤホンなど、出し入れしやすいのでとっても便利です。

気に入って使っていたこのリュックですが、腰のストラップのバックルを踏んづけて割れてしまいました。

f:id:herpes_carrier:20180602191638j:image

実はこのバックル、割れても簡単に交換できます。

というわけで、Amazonでパーツを買って交換したいと思います。

そもそもこのパーツ、なんて検索すればいいのか?

正式には「サイドリリースバックル」

どうやらこのパーツ、正確には「サイドリリースバックル」というそうです。

ですが「バックル ○mm」で検索するとこのタイプのバックルがでてきます。

f:id:herpes_carrier:20180602191713p:image

○mmはストラップの幅で検索します。

バックルには「片引き」と「両引き」がある!

ここで注意しなければいけないのが、必要なバックルが「片引き」タイプなのか「両引き」タイプなのかという点です。

今回壊れたのは腰のパーツなので、「両引き」タイプのものである必要があります。

両引きとは、バックルの両側で長さ調節が可能なタイプのことです。

f:id:herpes_carrier:20180602192229j:image
両側で長さ調節が出来るので、締めた時にバックルが真ん中に来ます。

これが片引きだと、バックルがどちらかに寄ってしまうわけですね。

f:id:herpes_carrier:20180602192241j:image

見分け方は簡単です。
だいたい商品説明に書いてありますが、画像を見て、ストラップを通す穴が、両側とも「日」の字になってるのが両引きです。

f:id:herpes_carrier:20180602192258j:image

片方だけ「日」、もう片方が「口」になっているのが片引きです。

Amazonだと送料がかかるので、実際には手芸店やホームセンターに行った方が安いです。
僕は時間が惜しいのと、AmazonポイントがあったのでAmazonで買っちゃいましたけど、、。

というわけでこれにしました。

モンベルのロゴ入りのタイプや、

10個セットなどのものもありましたが、

とりあえず一個で両引きで安いのにしました。

壊れたバックルの交換とベルトの通し方

さて、バックルの交換です。
まず、元々付いていたバックルを破壊して外します。

f:id:herpes_carrier:20180602194353j:image

一度通したベルトは引っかかって抜き取ることはほぼ不可能ですので、破壊するしかありません。

なので新しいバックルにベルトを通す時も、向きを間違えないように注意しましょう。

このような順番で通します。

f:id:herpes_carrier:20180602194435j:image

 f:id:herpes_carrier:20180602194441j:image

 f:id:herpes_carrier:20180602194515j:image

バックルの上下を間違えないように注意して下さい。

これで無事バックルが交換できました。
いかがでしたでしょうか。
参考になれば幸いです。

コメント