わたしが時々読み返す育児書

妻です。
 
こどもを授かってから色々と育児書を読み、影響されてきました。
たくさん育児書を読むとどれが正しくてどれが大切なのかわからなくなります。
 
そんな時でもやっぱり自分の軸にしたいなと思える本です。

子どもの目が輝くとき

 
↑近所にある積み木のお教室に通っていた時に、そこの先生に教えてもらいました。(和久先生の積み木を使う教室だったので)
 
こどもの持っている秩序性とか、環境設定をしてあげること、集中したいときに集中させてあげることなど、〝過干渉になりすぎない″を意識するきっかけになりました。
 
こどもの、こどもらしい、こども時代って親の都合とは真逆のことが多いけど、大切にしたいですよね。
 
 
 

子どもへのまなざし

↑佐々木正美先生のご著書は他にも拝読しました。
 
あんまり焦っちゃいけないな、こども時代を大切にしなくちゃと思わされる本です。
 
こどもが小さい時だけでなく学童期にも参考になります。
 
どちらもハウツー本ではないのですが、育児に悩む時に読み返すと心が楽になります。
 
文章には人柄が現れるのでしょうか。
穏やかな気持ちになって、また育児に向き合おうとおもえるこの2冊はこれからも大切にしたいです。

コメント