「生活クラブ」をもうかれこれ5年使い続けているのでレビューします

f:id:herpes_carrier:20171023192915j:image

妻です。

我が家では日々の食品の品質にも気を使っています。

そこで今日は、我が家が使っている生協、「生活クラブ」について紹介したいと思います。

ちなみに我が家では、生活クラブの他にOisix(オイシックス)も利用しており、そちらは無料お試しセットがオススメなので、ぜひお試しください。

関連記事:【無料情報あり】美味しくて便利なオイシックス(Oisix)のオススメ商品を紹介します

生活クラブの安心オススメな消費財

我が家には5歳と2歳の男の子がいます。
長男が生まれてすぐ、生活クラブに加入しました。

長男が生まれたのは2012年、震災の次の年でした。

私の妊娠中(2011年の8月ごろから)は、食品の安全に対する不安が特に高まっており、野菜はもちろん水も実家のある愛知から取り寄せていました。

出産後、生活クラブの消費財(生活クラブでは商品のことを消費財と言います)を試す機会があり、実際に見てみて気に入ったのですぐに資料請求してスタートしました。

生活クラブは高い?

そこから我が家はずっと、生活クラブでお買い物しています。

最初は生活クラブって高いんじゃないの?と思っていましたが、意外とそんなこともありません。
感覚としてはスーパーで買うのとそう変わりません。

というわけで今日は食の安全も気になるけれど、食費も気になる、という方に
生活クラブでオススメの買い方&消費財をご紹介します! 

生活クラブの野菜

f:id:herpes_carrier:20171023192224j:image

食品の安全というと真っ先に野菜を思い浮かべる方が多いと思います。

最近では生活クラブでなくても、ネットで完全無農薬の野菜を生産者さんから直接購入できる仕組みもありますが、それだとだいぶ高いし手間がかかりますよね。

ちなみに生活クラブの野菜は完全無農薬ばかりではありません。

それでもスーパーで売られているものとは比べものにならないおいしさと安全性があります。

しかも、生活クラブは農家との年間を通して買取契約をしているので、価格に大きな変動ない事が特徴です。

例えば、ある年が天候不順で、キャベツが不作になり、ひと玉300円近くなったときも、生活クラブでは200円程度で購入できました。

でも我が家では、スーパーで買える産直野菜と生活クラブの野菜を両方食べています。

野菜は週に1回まとめて購入すると傷んでしまうことがあるからです。

そして比べてみると、やっぱり生活クラブの野菜のがおいしいなあと思ったり。
特に人参。湯がいてサラダにしただけで、野菜嫌いの子供たちもモリモリ食べてます。

生活クラブの豚肉

豚肉は平田牧場の豚肉です。

デパートでしか買えない平田牧場のウインナーやハムなども、市販品にちょっとプラスするだけで購入できます。

これがホントに美味しい!
オススメは「熟成和だし仕込みごろごろベーコン」

f:id:herpes_carrier:20171023193011j:image
これで作ったカルボナーラは絶品でした!

でも牛肉は我が家には贅沢品なので時々しか買えません…。

しかし!お得に買う方法があるんです。

それは店舗を利用すること。

「デポー」と呼ばれる店舗に出向き、セール品を狙います。
ここがまたほんっとによく3割引きとか4割引きになるんです。
お店がお休みの前の日や、売り出しの次の日が狙い目です。

冷凍保存に抵抗のない方はぜひ。

豚肉の価格の例
  • 豚肉 切り落とし100g 185円(価格はすべて税別)
  • ごろごろベーコン 454円

生活クラブの調味料

f:id:herpes_carrier:20171023193029j:image

どれももちろん無添加で、味も抜群に美味しいです。

特にケチャップとマヨネーズ!
我が家ではどちらも生活クラブ以外のものは買いません。

最近ではiherbが使いやすくなったり、地元系のスーパーでも無添加調味料が置いてますが、やはりどれも割高。

生活クラブの調味料はお得に、おいしく、安全なものを購入できます。

ただ、バルサミコ酢や黒酢、料理酒、オリーブオイルは普段使いには高価なので別のものを使っています。

調味料の価格の例
  • マヨネーズ310gビン 390円(最近チューブも出ました)
  • トマトケチャップ370gビン 315円
  • なたね油 600g 588円
  • 牡蠣味調味料230g 315円
  • 中濃ソース360ml 310円

生活クラブの歯磨き粉

生活クラブの消費財は食べ物だけではありません。

ラップやキッチンペーパー、メイク、洗剤など、家庭にある様々なものがあります。

その中でもおすすめなのが、歯磨き粉です!

f:id:herpes_carrier:20171023193052j:image

市販の歯磨き粉と違い、いやな後味がありません。無駄にヒリヒリスースーしないんですね。
味覚を狂わせる合成甘味料等はもちろん含まれていません。

歯磨き粉を自作する方もいるらしいですが、忙しい子育て中の身なので、安全なものを気軽に購入できるのは嬉しいです。

ほかにもラップなども環境ホルモンに配慮してあり、安全に使用できます。

日用品の価格の例
  • ハミガキ150g 165円
  • 詰替用せっけんシャンプー450ml 300円

生活クラブを使った月の食費

このように我が家は生活クラブ+αで食事を賄っています。

食費は4人家族で(大人2人+幼児2人)、6万〜7万円ほど。お米も調味料もおやつも全てひっくるめてです。

時々実家から野菜が送られてきたりするともう少し下がりますね。

3食作ってこの金額なので、生活クラブを使ってるから高いということは決してないと思います。

我が家もそうでしたが、食の安全は一度気になり出すと止まらなくて、あれもこれも不安になります。
こだわりすぎて月の食費が10万を超えることもありました。

生活クラブは、「あまり食費を上げすぎたくないけれども、やっぱり市販品は不安」というご家庭にぴったりなのです。

ちなみに、生活クラブといえば面倒な班制度(複数家庭での共同購入)があるんでしょ?と思われがちですが、個人宅配でも大丈夫です。
班の方が少しお得なのかな。
普通の生協と変わらず便利に使えます。

注文も以前は2週間前に提出だったのが、1週間前になったのでますます便利になりました。

というわけで、便利で美味しい、生活クラブの紹介でした。オススメです!
それでは。

コメント